自称立法府の長の安倍総理「山尾議員は議会の運営について勉強しろ。私は立法府の長だぞ!」

自民党の功績まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自称立法府の長の安倍総理「山尾議員は議会の運営について勉強しろ。私は立法府の長だぞ!」

安倍

■安倍首相「私は立法府の長」 衆院予算委、混同し発言か

 安倍晋三首相が16日の衆院予算委員会で、民進党の山尾志桜里政調会長を 「勉強不足」と指摘しながら、行政府の長である自身を「立法府の長」と混同して発言した。 翌17日の参院予算委でも「立法府の私」と発言、混同が続いている。

 16日の発言は、民進党が提出した保育士給与を引き上げる法案が審議入りしないことについて、山尾氏が「委員会が決めることと言って逃げている」と首相を批判したことに対する答弁。

 首相は「議会の運営について少し勉強して頂いた方がいい。議会については、私は『立法府の長』。立法府と行政府は別の権威。(国会での)議論の順番について私がどうこう言うことはない」と反論した。

 参院予算委では、民進の福山哲郎氏が安全保障法制採決の議事録について質問した際、 首相は「立法府の私がお答えのしようがない」と答弁した。 http://www.asahi.com/articles/ASJ5L6H5HJ5LULFA03N.html


今回たまたま言い間違えたのではなく、 2007年にも・・・

実は、安倍首相が「立法府の長」と発言するのは初めてではない。2007年5月11日、 「日本国憲法に関する調査特別委員会」でも述べている。

憲法改正議論をめぐって、民主党の簗瀬進参院議員(当時)が「総理が国民とともに議論をするとおっしゃったその言葉と全く矛盾する対応を現場がしている。これどう思うんですか」と追求すると、こう答えた。

それは、正に参議院のこの委員会の運営は委員会にお任せをいたしておりますから、私が立法府の長として何か物を申し上げるのは、むしろそれは介入になるのではないかと、このように思います

簗瀬氏は、この場で、安倍首相の間違いを正している。
「先ほど憲法尊重擁護義務の話がございましたけれども、総理大臣として現在の憲法を尊重し擁護をすると、これは憲法にちゃんと明記されている。しかも、三権分立というものがあります。 国権の最高機関として定められているのは国会である。そして、その国権の最高機関と分立する形で立法府のほかに内閣があり司法があって三権が成り立っているんです。あなたはそういう意味では行政府の長であります」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00010003-bfj-pol

問題の動画(9分10秒ごろから)



改憲派の長がこれとは・・・。しかも偉そうに上から目線で相手を馬鹿にした後にこの発言ですからね。安倍は人格にも問題がある。



ちなみに過去には「私は権力の頂点にいる」と発言して問題になりました。
立法府の長発言の本質は、言い間違いではなく権力の誇示ですね。
安保や改憲も安倍の権力誇示のために利用されてるだけ。
関連記事


管理人のやる気維持のために記事の拡散をよろしくお願いします。あとコメントも。




[ 2016/05/18 22:00 ] 政治 | | コメント(0)
最新の記事一覧!!



コメントの投稿





  

最新ニュース!!


スポンサードリンク
売れ筋
チャンネルB
最近盛り上がった記事
アクセスランキング
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
37位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム
相互RSS・リンク、アンテナ登録、広告などなどいつでも募集してます!RSSとリンクを設置後、メールをください。RSSはすぐ↓にあります。

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログのRSSはすぐ↓にあります。
RSSリンクの表示
お気軽にどうぞ。


アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。